【国立二次試験終了】桜が咲きますように

息子
PVアクセスランキング にほんブログ村
プチタタ
プチタタ

プチタタです。

【オスシナブログ】にご訪問ありがとうございます!

国立の二次試験が終わりました。
コロナにかからないように、体調をくずさないようにと気の抜けない毎日が続きましたが、無事試験を受けることができて本当に良かったです(*^-^*)

でも、国立単願の息子は不合格ならもう1年受験生活が続くので「終わった!」という解放感は全くありません(-“-)
コロナ禍もまだまだ続くわけですし…。

受験先には少しでも感染のリスクを下げようと車(パパ運転)で行きました。
家に1人残っていても心配なだけだし、予約しているマンションも見ておきたかったので私も行きました。

コロナ禍のうえに受験生もいるということで超自粛生活をしていた我が家。
1度も外食すらしていなかったのに(こんな人いるのかな?)、いきなり県外へのお出掛けに超ドキドキでした。
コロナのピーク時に受験じゃなかったらありえなかった~。

私は普段ひきこもりだけれどコロナ禍前はたまに家族旅行に出掛けるのが楽しみでした。
だから、久々の遠出に行きの車中ではすっかり旅行気分になってしまい受験だということを忘れてしまいそうでした(;’∀’)
息子も同様で超ご機嫌!
試験前にリラックスできて良かったかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験前日

前日は試験会場の下見に行き、掲示板で試験室の部屋の確認などをしました。
その後は近所の神社で合格祈願をして、やはり明日に備えて勉強をするべきかと早々にホテルへ。

ドアノブなどにラップを巻いたりアルコールで拭きまくったり、他にもできる限りの対策をしました。(^▽^;)アハハ。
アメニティーセットの中にアルコールスプレーもあって気遣いは感じられたけれど、トイレットペーパーやティッシュを三角に折るのは今のご時世やめて欲しいと思いました。

夕食は本来なら外食を楽しみたいところだったけれど、試験を控えているし少しでもリスクを下げようと部屋でコンビニにしました。(-“-)残念!

試験1日目

朝食はレストランは避けたいけれど温かいものをお腹に入れて欲しくてルームサービスにしました。
親はコンビニです(*´з`)。
案の定息子は緊張で少ししか食べられず。
でもいつものことなので息子は特に気にする様子もなく、体調は万全!

他の受験生たちとホテルのバスに乗って大学に向かいました。
神妙な面持ちでバスに乗る子供たちを心配そうに手を振り見送る親たち。
まるで学徒出陣を見送っているようだと思ってしまいました(;’∀’)。

昼食はいつも通り食べられないと思ったので、食べやすいバナナとゼリー飲料も持たせて正解でした。
やはりパンは少ししか食べられず…。
温かい飲み物も飲んで欲しかったので、朝食に出たポットに入った熱い紅茶をマグボトルに入れて持たせました。
お昼に飲んでほっとしたそうです。(*´▽`*)よかった!

帰りは大学近くまで車で迎えに行きました。
息子は試験の出来はともかく1日目が無事終わってご機嫌な様子でした。

夕食はホテル内のレストランでテイクアウトをして部屋で食べました。
(-“-)やはり外食はまだ怖くて。
息子はあっという間に完食。
食欲があって安心しました。

試験2日目

朝食はまたルームサービスで。
でも、なぜか昨日よりも食べられず…。
お腹が空かないのか心配になるけれど、本人は試験中はそんなこと全く気にならないそうで。

そして昨日同様ホテルのバスに乗って大学へ。
お弁当もお迎えも昨日同様。

受験も終わったし、せっかくなのでどこかに行きたいと言う息子。
そこで少し観光とお茶をして帰路につきました。

あれこれ

息子が試験中、私とパパは予約しているマンション(まだ居住中なので同じ間取りの別部屋)を見せてもらい寸法を測ったり写真を撮ったり。
この作業が無駄にならないといいけれど(;´∀`)。

その後はせっかくなのでコロナに気をつけながら観光へ。
お寺や神社にも行き絵馬を奉納したり、合格祈願もしまくってきました。
やっぱり最後は神頼み!

試験中の息子には申し訳ないけれど、本当に超超超~久々の遊びでのお出掛けで楽しんでしまいました。
コロナ禍での初めての外食も緊張したけれど、観光客が少なくて近くの席に人がいることもなく助かりました。

天気にも恵まれて本当に楽しかった。(*´▽`*)ストレス解消!
体調不良のところも忘れてしまうくらいでした。
でも慣れなくて足腰はガキガキに痛くなるし、普段モグラ生活なので目が疲れて頭痛を発症するし、耳や首筋には日光疹ができてしまいました…。(;´д`)トホホ。
昔から紫外線に弱く気をつけていたのだけれど、冬だからと気を抜いてしまいました。(>_<)大失敗!

コロナ禍じゃなければ食事とかもっと楽しめたと思うと本当に残念です。

防寒グッズとして持たせた膝掛け(試験中ずっと膝に掛けていたそう)や耳当て(試験室に入るまでの待機中に耳がかなり冷える)がとても役に立ったそうです。
他には手袋、レッグ&ネックウォーマー、カイロも使いました。

試験の出来

肝心の試験の出来ですけど、よく分からないんですよね。

息子
息子

できてなくはないと思う

とは言うものの、無駄な心配はしたくないと大手塾が出している解答例を見ようとしないから自信があるわけでもなさそうで。
母としては気になるから見て欲しいけれど、もし点数が低くてもギリギリ受かっている可能性も有るわけですよね。
その場合息子の言うように無駄に落ち込むことになるから見ない方がやっぱりいいのかなぁとも思ったり…。

ちなみに息子の様子は試験前から全く変わりありません。

息子
息子

合否を考えても結果は変わらないから何も考えない

と言っていつも通りマイペース。
試験翌日からは長いことやっていなかったゲームをしたり(見慣れないから変な感じ!)、机周りの片づけや家事の手伝いをしてくれています。

卒業式は通常3月1日だけれど、コロナの感染防止のため合格発表後に延期されています。
後期試験を控えている子もいますしね。
でも、もし不合格だったら息子にはなかなかヘビーですね(;’∀’)

桜咲きますように

本当にどっちなのかしら?
受かるのかな?落ちるのかな?
倍率から考えると落ちる確率の方が高いから、合格を祈りつつもあまり期待はしないようにしている私です。
期待が大きいとショックも大きいもの(;´∀`)

怖くてつい落ちることばかり考えてしまうけれど、もし受かったら後1ヶ月足らずで息子とはお別れなんですよね。
そっちもなかなか、いや、ものすごく辛いものがあります(;´Д`)
いろいろと私、大丈夫かしら?

今は合格発表が楽しみというより、怖いという気持ちの方が強いかもしれません。

桜、咲きますように!

↓ クリックで応援お願いします!
 ↓ クリックで応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
息子
プチタタをフォローする
オスシナブログ
タイトルとURLをコピーしました