【実例】大学生一人暮らしの部屋紹介 5 寝具&布団乾燥機

カラリエLight 一人暮らし
PVアクセスランキング にほんブログ村
プチタタ
プチタタ

プチタタです。

【オスシナブログ】にご訪問ありがとうございます!

息子の一人暮らしの部屋紹介第5弾は、寝具布団乾燥機です。

前回ご紹介したベッドもカビやダニが発生しにくいように通気性の良いものを選びましたが、寝具も選ぶ基準は同様です。

大学生は時間も無いし、布団干しも寝具類のカバーのお洗濯もなかなかこまめにやれませんよね。
主婦の私だって面倒だもの(;’∀’)。
だからなるべくお手入れの簡単なものや対策のされたものを選びました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝具

掛け布団

掛け布団は最初羽毛布団にしようと思いましたが、調べてみるとどうしても匂いは避けられないみたいなのでやめることに。
家で使っている羽毛布団は古いからか特に匂いも無いし、最初匂いがしたかも覚えていないけれど(;’∀’)。
特に一人暮らしだと寝室が別にないので、万一匂いが強かったらと思うと不安ですよね。

そこで羽毛布団と同等の軽さと柔らかさで暖かいものを探してみました。
そして選んだのはこれ↓。

安心の日本製。
厚さの違う布団(中綿0.6kgと1.2kg)を2枚組み合わせた掛け布団です。

これだと季節に合わせて使い分けができるのがいいですよね。
春~初夏、秋口は薄い方、寒くなってきたら厚い方、真冬には2枚合わせで、なんて具合に。
(夏は後程ご紹介するタオルケットを使います。)

スナップボタンで2枚を留められるようになっているので、ずれることがなく扱いやすいです。

中綿は東レ開発のft綿で、羽毛の様にふんわり柔らかく軽くて暖かいのが特徴です。

そしてこの布団は洗濯機で洗うことができます。
商品ページによるとダニは丸洗いするとほぼ消滅するそうです。
ただ一人暮らしの小さい洗濯機では無理なので息子が洗うことは無いですが(^^;)、いざというときにはコインランドリーに持って行けば洗えるというのは安心ですよね。

敷き布団&敷き布団カバー&ベッドパッド

敷き布団は、エアリーマットレス(5cm厚)
敷き布団カバーは、アレルガードでオフホワイトを選択。
ベッドパッドは、ベージュを選択。
どれも家で使用しているものと同じものです。
以上の3点はこちら↓の記事で詳しくご紹介しています。

も家で使用しているものと同じ通気性抜群のパイプ枕にしました。
こちら↓の記事で詳しくご紹介しています。

掛け布団カバー&枕カバー

掛け布団カバー枕カバーは「アレルガードデラックス」です。
普通のアレルガードだと無地しかないので、ちょっと奮発してサテンストライプ模様のデラックス(アイボリーを選択)にしました。
セール中でお安くなっていたときに購入(;´∀`)。
やはり無地よりおしゃれでいい感じです。

Amazonでは同じものを見付けられませんでした。もしあったらごめんなさい。

タオルケット

中綿の入った掛け布団だとこれからの季節は暑いので、夏の間はタオルケットを使います。

掛け布団は布団乾燥機で乾燥させてから圧縮して収納するように言ってあります。
掃除機を使わないタイプの防虫シート入りの圧縮袋も用意しておきました。
もちろんカバーも頑張ってお洗濯ですね(*^^)。

新しいタオルケットは毛羽が抜けるのが気になりますよね。
そこでなるべく毛羽が抜けにくく、吸湿性の良いものを探しました。
そして選んだのはスーピマコットン100%のこちら↓です。(アイボリーを選択)

引っ越し前に水通しをしたところ、洗濯機のゴミ取りネットにほとんど毛羽が溜まらなかったので期待しています(*^-^*)

ふとん乾燥機カラリエLight

カラリエLight
布団乾燥機は普段ここに置いているわけではありませんよ。写真を撮った時だけです(^▽^;)。

こちらは一番人気のアイリスオーヤマ「ふとん乾燥機カラリエ」シリーズのネット通販限定モデルです。

マット不要で操作ボタンが2つしかなく操作が簡単です。
面倒だと使わなくなってしまいそうだからここは大事(^^;)。
お年寄りにプレゼントされる方も多いみたいですよ。

乾燥とあたためだけでダニ対策モードはありませんが、ダニ対策モードでもダニが全滅するわけではないと思いますし、気になるなら乾燥時間を追加するなりすればいいだけのことだと思ってこれに決定!

一人暮らしならこの機能で充分です。
なによりもコンパクトで収納しやすいのが一人暮らしに最適。
加熱を防ぐ3種類の安全装置が搭載されているので安全面もOK!

布団乾燥機は乾燥させるだけではなく、冬には寝る前にお布団を温められるのがいいですよね。
京都の冬の寒さは厳しいと聞きますが、これがあれば暖かく眠れるかな?

ちなみに写真右上の扇風機はこちら↓の記事で詳しくご紹介しています。

息子は写真のラック(また別記事でご紹介予定です)をドレッサー代わりに使っているので、ドライヤーで髪を乾かすときに使用しています。
背面のボタンが改良されて使いやすくなっていました。

さいごに

前回ご紹介したベッドと同様に寝具類もなるべくカビ&ダニの発生しにくいもので揃えましたが、カバー類のお洗濯だけは定期的にしないといけませんね。

息子、宿題や勉強などで日々忙しそうですが、気持ちよく暮らせるように家事も最低限でいいからこなしていって欲しいと思います(*^-^*)
恥ずかしながら私も最低限しかやっていないので強くは言えませんけど(;´∀`)。

タイトルとURLをコピーしました