【実例】大学生一人暮らしの部屋紹介 4 ベッド&掃除機

パイプベッド 一人暮らし
PVアクセスランキング にほんブログ村
プチタタ
プチタタ

プチタタです。

【オスシナブログ】にご訪問ありがとうございます!

息子の一人暮らしの部屋紹介第4弾は、ベッド&掃除機です。

ベッドを決めるうえでの条件は2つありました。

ひとつは通気性。
通気性が良いといえば、木製のスノコベッドかパイプベッドですよね。

息子は一人暮らしを始めるまで木製のスノコベッドを使っていました。
でも息子のベッドはスノコ1枚ずつの幅が広く、あまり通気性が良いように感じられませんでした。
そのため木製のスノコベッドではなく、通気性抜群なメッシュ状になっているパイプベッドにすることにしました。
私の中で木製だとダニなどの虫が発生しやすそうなイメージもあって(;´∀`)。

もうひとつの条件はコンセント付きの宮棚があること。
息子はスマホを就寝中に充電していて目覚ましとしても使っているので、枕元にコンセントは必須です。

探してみるといくつか条件に合うベッドが見付かりました。
どれもそんなに差が無く思えて悩みましたが、エアリーマットレスを使うことを決めていたのでマットレスの対応サイズが明記されていてレビューも良いものに決めました。
1cmだけエアリーマットレスの方が長いですが、予想通り問題ありませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮・コンセント付きパイプベッド

※2022年5月22日現在シングルは売り切れ中でリンクが貼れないため、↑はダブルサイズのものとなりますがご参考までに。

色はもちろんホワイトを選択。
脚の上端がグレーなのが少し残念(;´∀`)
息子は全く気にしていませんが、私的にはできれば白かベージュ系が良かったですね。

高さ

寝台の高さは26cmか36cmに調整できるので、厚みのあるマットレスでも布団でも使うことができます。
エアリーマットレスは布団とほぼ同じ厚みなので、36cmの高さでちょうどいい感じになりました。

36cmの高さにするとベッド下に大空間ができます。
そこに衣装ケースなどを置いて収納として使えるのもこのベッドの利点ですね。
今のところベッド下には何も置いていませんが、荷物が増えてきたときに助かりますね。

コンセント

コンセント付きの宮棚があるものを選んだのは大正解でした(^-^)
コンセントが無いベッドを選んでいたら対処がかなり面倒だったと思います。

賃貸はコンセントの数が少なかったり、ちょうどいい位置になかったりということも多いと思うので、コンセント付きのベッドがおすすめです。

ベッド(宮棚)のコンセントプラグは、5mの延長コードをテレビを置いている方の窓横の壁から窓の前を横切り壁沿いにベッドの横までひっぱって来て挿しています。
ベッド側の壁にもコンセント付けておいて欲しかった!(*´з`)
以前書きましたが延長コードにはカバーを付けて邪魔にならない&目立たないようにしてあります。

寝心地

私も試しに一晩寝かせてもらいました(*‘∀‘)
寝る部分がメッシュなのでギシギシ鳴ったりするのかと思いましたが、全く気になりませんでした。
脚が太いからか安定感があり、普通のベッドと同じように何の問題もなく寝られました。

コードレスハンディークリーナー(掃除機)

色は息子の部屋に一番合いそうなゴールドブラウンを選択。
とても軽くてコンパクト。
部屋に置いておいても目立たず気になりません。

床掃除は基本ワイパーなので、一人暮らしならこれで充分です。
息子の部屋はカーペットもないですしね。

冒頭の写真にも写っていますが、ハンディークリーナーは宮棚のコンセントを使って充電しています。
充電が終わってもそのまま充電スタンドに置いておけるのが地味に便利です。

アダプターも触って確認しましたが、熱くならずに安心です。
大切な息子が使うものだから安全第一!(^^)

付属のノズルなどを入れておける収納バッグ(本体も入ります)がついているのも便利です。
付属品はどこに置けばいいか悩んだり、どこに置いたか分からなくなったりしますからね。

これで充電スタンドとアダプターとコードが白系だったら完璧!
掃除機で白系は無理かしら(^▽^;)?

Amazonでは同じものを見付けられませんでした。もしあったらごめんなさい。

ベッドの位置

ベッドは頭側を窓側にすることが多いかと思いますが、逆に置きました。
エアコンが反対側の壁の窓側寄りに付いているので、風が顔に直撃するのを避けたいと思いました。
風向を変えれば大丈夫かとも思いますが、やはり気になります(;´∀`)

それに窓際だと外の音も聞こえやすかったり、気温の影響も受けやすいと思うのでこれで正解だったと思います。
息子の部屋は隣の部屋と接さない作りになっているので、隣の部屋の音は気にしなくて済みます。

さいごに

息子の居室はコンセントが2ヶ所しかなく、延長コードは何メートルのものが必要かなど考えるのは結構大変でした。

安全面からヒーターやドライヤーなど熱を発するものはコンセントに直に挿す方がいいので、居室のドア横のコンセントは延長コードのプラグを挿さずに空けてあります。

一人暮らしの部屋が決まったら、まずどのような配置にしたら一番使い勝手が良いかを考えないといけません。これもまた楽しかったりするのだけれど(*^-^*)。
合格前予約だとまだ前の人が住んでいて内見は無理(デンジャラス!)なので、コンセントの位置が写真では分からなかったら不動産会社に聞いて確認しておくといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました